ホームへもどるひらがな文の読み困難漢字の読み困難新しい教材の提案学習の流れ教材の構成  
 
 
学習の流れ
前へ

対象

・小学校3年生~中学校3年生
・特別支援教育を必要とする子ども
・読み書きが苦手な子ども

教材の内容

・個別指導型『デジタル読み書き支援〜社会科単語を学ぼう〜』
・小学校3年〜6年までの社会科教科書の文と単語をピックアップ
・1150単語、115文、単語の意味、単語の絵(イメージ)、意味の音声のデータベース

教材の構成

(1)この教材は2つのコースとプリント教材からできています。

「文と単語の練習コース」 文を読んで読めなかった漢字単語を練習します。単語の練習後、再度、文を読み応用文に発展させます。
「単語の練習コース」 学習したい単語を選択し、意味や絵(イメージ)、音声をてがかりに単語が安定して読めるように練習します。
「プリント教材」 単語カード、文プリント、単語マスターカード、短い文の指導プリントなど家庭でもすぐに使える教材です。


(2)子どもの特徴を把握し、得意な力にあった手がかりから学習を補います。

「イメージ(絵)」「意味+音声」・「視覚」「聴覚」を手がかりに単語の「読み」を習得できる。


(3)学習の履歴により、進度に応じた教材が提供されます。

IDパスワードにより学習者の履歴が残ります。進度に応じた教材が選べ学習の発達に役立ちます。

 

・教材を使ってみる→新規登録
・操作方法や教材内容について詳しく見る→教材の使い方