ヘルプ



他の子どもの邪魔をする

「デジカメで友達紹介」活動「大縄跳び」ゲーム




・仲間に入れてもらいたいが、遊びのルールが良く分からず、邪魔をする形でかかわりを持とうとします。
・相手が困るということをうまく理解できません。
・衝動性を抑えることが苦手で、目に付いたものを手に取ってしまいます。


・激しく叱ることはしないようにします。
・F君の気持ちは理解できるが、行動は良くないことを伝えます。また、どのようにすれば良かったか、きちんと伝えます。
・チームとしての達成感が高まる活動を通して、周囲の子どもに対してわがままな行動をとらないようにします。