ヘルプ
 |ADHD児とは?特徴2次障害問題行動支援ソーシャルスキル指導





  • 年少児期より叱責を受けやすい。
  • 反発心が育つと中学生以降、反抗挑戦性障害を示す事例もある。
  • 自尊心・自信の低下から、抑うつ状態や不安などの神経症的問題を示す事例もある。
  • 問題行動は、注目要求・逃避・防衛などの機能的意味を持つことが多い。
  • そのため,問題行動に対して、強い否定や叱責のみで対処すると,失敗感・挫折感・自己否定・予期不安が高まる。
  • その結果、注目要求・逃避・防衛の必要性が高まりさらに問題行動が強くなることがある。
  • 対処に対して配慮する必要がある

文献(7)

上へ