ヘルプ
 |ADHD児とは?特徴2次障害問題行動支援ソーシャルスキル指導





ADHD児のソーシャルスキルの困難は、注意の維持や、行動の抑制が難しいという側面にある。また2次障害が強い場合がある。
要求が阻止された場合にかんしゃくを起こすなど、行動の調整が難しい。
ソーシャルスキルの指導においては、要求の主張の仕方、対人関係の維持に必要な行動、社会的ルールに従った行動の習得などが、指導課題となる。
その際、年齢相当の知識、良好な人の理解が、支援の手がかりになる。


長所を手がかりとした ADHD児の支援
短所 長所
・不注意でまちがえる
・多動で衝動的な行動を示す
・指示に従うことができない
・感情を強く表す
・他のこどもの邪魔をする
・人の理解は良い
・興味のあるときは集中する
・プライドが高い
・年齢相当の知識は持っている。