ヘルプ



パニックや緊張することが多い

「得意と苦手を話そう」活動




・感覚が過敏なことがあります。
・感情のコントロールが難しい。
・コミュニケーションに自信をもてません。
・自分のいやな気持ちをうまく伝えることができません。
・大人に助けを求めることが上手にできません。


・パニックを起こしたら、場を変えて静かになるように配慮します。
・パニックになった原因を探して、周囲の友だちが理解するよう話します。
・いじめがある場合には、いじめに対する指導を行います。
・大人に対して助けを求める方法を教えます。
・パニックを避けるためのその子どもの工夫を理解し、環境の調整に配慮します。