ヘルプ
 |高機能自閉症とは?特徴2次障害支援ソーシャルスキル指導





高機能自閉症のソーシャルスキルの困難は、社会性の障害、コミュニケーションの障害、こだわりという、側面にある。また2次障害が強い場合がある。
指導においては、社会的場面での行動の仕方を学ぶ、表情などコミュニケーションの手がかりを学習する、社会的ルールを学習するなどが、指導課題となる。
これにより、不安を軽減し、心理的安定を得られるようにする。
その際、理解できる言葉で会話をする、視覚的な情報呈示を活用するなどに配慮する。
また、集団活動への参加を強要しないことも大切である。


長所を手がかりとした 高機能自閉症の支援
短所 長所
・社会的概念の理解が難しい
・コミュニケーションに制約がある
・特定のことにこだわりを持つ
・感情を強く表す
・相手の意図の理解が難しい
・優れた記憶力
・狭い範囲で高い知識をもつ
・先入観がなく、合理的
・視覚的情報を活用できる