「特別支援教育」とは

この教材では、代表的な行動傾向(LD、ADHD、高機能自閉症など)に関係させて、指導の種類・内容を整理しました。

指導内容については、 3種の場面(家庭や学校での遊び、学校での集団生活、社会での活動)に合わせて整理しました。
支援については、 LD、ADHD、高機能自閉症などにおいて子どもの得意な力に基づく支援を組み立てました。


指導会では、以下のことがポイントになります。

「年齢段階、行動傾向の多様な子ども」の指導会では、目的の明確な活動を、複数用いて、指導を組み立てていきます。
(←教材では、活動の内容と手続きがリストされています)

また、指導会のスタッフに、支援の配慮を伝えることが大切です。
(←教材では、支援のポイントが述べられています)

子どもに対しては、活動内容やポイントをていねいに説明することが大切です。
(←教材では、子どものためのページを用意しました)